ミツバチが集めた樹液を噛み砕き、自らの唾液と混ぜて作るのがプロポリスです。
完成したプロポリスはワックス状をしているため、少しベタつきがあります。
ミツバチたちはプロポリスを巣の補強に使いますが、高い抗菌作用は巣の中を無菌状態に保つという重要な役割もあります。

高い抗酸化作用は私たちの健康維持や美容にも役立つ効果ですが、高濃度で上質なプロポリスになるほど、ベタつきが強くなります。
高品質の証であっても、使いかたによってはベタつきがデメリットになる事があります。
例えばスプレーにして使うような場合は、ベタつきがあると上手く使えませんからワックスフリーの方が使いやすくなります。

ワックスフリーにすると本来の良さが失われてしまいそうですが、ヤニ蜜蝋だけを取り除くので栄養や有効性は失われる事がありません。
スプレーやドリンクとして使う場合は、ワックスフリーにしてベタつきを無くします。

本来アルコールは添加物として扱われますが、プロポリスからベタつきを取る場合は、アルコール抽出をします。
アルコールは敬遠されがちですが、使い方によってはメリットとなりますからそれほど気にしなくても大丈夫です。
ただしメーカーや品質はよくチェックしてください。