プロポリスはミツバチが作る、天然の抗生物質とも言われています。
高い抗酸化作用が特徴ですが、フラボノイドの含有量が高いほど上質な物となり、人気が出ます。
フラボノイドはポリフェノールの一種で、プロポリスに含まれる成分の中でも特に重要な意味を持っています。

品質はミツバチの種類や、樹木の種類によっても変わります。
日本製の物は安全性が高く高品質なところも人気がありますが、それ以上に質が高くフラボノイドを豊富に含むのが、ポプラ系プロポリスです。

ブラジル産のプロポリスも質が良い事で知られていますが、ブラジル産のプロポリスはユーカリ系となります。
ブラジルにはオーストラリアのユーカリを植林しているため、ミツバチはユーカリの木から樹液をあつめるため、ユーカリ系のプロポリスとなります。
中国ではポプラの木が多いため、ミツバチはポプラの木から採れる樹液を使うため、ポプラ系プロポリスとなるのです。

ポプラ系プロポリスはフラボノイドが豊富なため、高濃度で高品質になります。
日本でもポプラ系プロポリスを、健康食品やサプリメントに使用しています。
プロポリス製品を選ぶ時は、種類や原産国をチェックするのもポイントになっています。