プロポリスは健康や美容など幅広く取り入れられており、化粧品や傷の治療に使う軟膏タイプもあります。
ドイツではプロポリスを医薬品として認可しています。
日本では医薬品扱いではないものの、治療に取り入れる事はあります。

元々が自然の樹木から出る樹液と、ミツバチの唾液から作られる天然由来の物ですし、高い抗酸化作用は私たちにも役立つ事が多いです。
健康食品として扱われる事も多く、上質な物は安心できますが、ミツバチが作る物である以上、蜂アレルギーがある人は安易に使用できません。

特に軟膏として肌に直接塗布して使う場合は、経皮感作性が高いというところに注意が必要です。
天然由来のプロポリスを使用していれば安心できるように思えますが、蜂の唾液も含まれていますから、蜂アレルギーの人には大きな負担となってしまいます。
中には、蜂アレルギーの人がプロポリスを服用して死亡したケースがあります。

軟膏経皮感作性が高いので、服用しなくても蜂アレルギーの人が使用すれば、アナフィラキシーショックを起こす可能性があります。
蜂アレルギーは刺されてみないとわからない事が多く、自分が蜂アレルギーだと知らずに使ってしまう事も多いのです。
プロポリスの軟膏を使う場合は、必ずパッチテストをしてください。